【遠隔画像診断・遠隔読影・読影・画像診断・画像診断CT・MRI・マンモグラフィー・放射線科専門医・PACS・DICOM・セカンドオピニオン】
遠隔画像診断 SEM medical solution
遠隔画像診断とメディカルソリューション
遠隔画像診断サービス








遠隔画像診断 内臓脂肪測定

遠隔画像診断 地域医療連携遠隔画像診断 スタンダードコース遠隔画像診断活用事例遠隔画像診断 ゼロパッケージ
遠隔画像診断 営業時間外サービス遠隔画像診断 統計 分析遠隔画像診断 質問 相談

遠隔画像診断 PACS


遠隔画像診断 医療コンサルテーション
遠隔画像診断 iPod&iPhone
遠隔画像診断 医療機器コンサルテーション
MRI・CT・超音波診断装置のご購入をお考えの医療施設さまを対象に、医療機器選定の相談を無料でお受けいたしております。 
      → 詳しくはこちら

高額医療機器の新規購入 買い換え 相談
医療機器買い換え・購入のご相談 CTやMRIなどの高額医療機器の新規購入や買い換えの際の機器の選定や評価にお困りの医療施設様を対象に無料でご相談を受け承ります。どうぞお気軽にご相談下さい。

CT・MRI 医療機器の選定 評価のご相談

医療経営 CBnews management 失敗しない高額医療機器導入(3)
「具体的な高額医療機器の検討:CT編」 コラムが掲載されました。
遠隔画像診断 医療機器買い替え
医療経営 CBnews management 失敗しない高額医療機器導入(3)
「具体的な高額医療機器の検討:MRI編」 コラムが掲載されました。
遠隔画像診断 医療機器買い替え
医療経営 CBnews management 失敗しない高額医療機器導入(2)
「あらゆるコストを勘案した費用対効果の検討」 コラムが掲載されました。
遠隔画像診断 医療機器買い替え
医療経営 CBnews management 失敗しない高額医療機器導入(1)
「どの程度のスペック機器を導入すべき?」 コラムが掲載されました。
遠隔画像診断 医療機器買い替え
月刊 「新医療」 2009年6月号 [特別企画:機器システムの効果的更新を考える]
「コンサルタントからみた高額医療機器買い替えのコツ」弊社の記事が掲載されました。
遠隔画像診断 医療機器買い替え
遠隔画像診断 医療機器選定相談
近年医療機器の高機能化とともにその導入費用もより高額となってきています。考えていた画像が得られない。故障が多い。メンテナンスに費用がかかりすぎる。検査数が予定よりもこなす事ができないなどの問題が生じた際、一度導入を行った場合、容易に機種の変更等は行えません。
MRI
医療機器コンサルテーション





CT
医師
弊社は医用画像を取り扱うスペシャリストとして、放射線科専門医、診療放射技師による診療・検査内容に応じたスペック、操作性、診断に値する画質、検査時間など様々な評価を行いまた、経営面からは税理士による費用対効果比を稼働日数、検査数/日、投資額など様々なファクターより客観的な視点でご評価いたします。
CT・MRI 医療機器の選定 評価のご相談例
過去のご相談内容の一部を簡略化してご紹介いたします。
診断機器のスペック  CT2

診断機器は最高機種が必要でしょうか?どのメーカーの機種が良いのでしょうか?というご相談を受ける事があります。機種の選定にメーカーを基準とする事は決して間違った選定基準ではありません。ただし、重要な点は、実際、どのような診療を行うか?どの部位の検査が大多数を占めるのか?どの程度まで踏み込んだ検査を行うのか?また、患者一人の平均検査時間は?このように様々ファクターを検討し、診療スタイルに合わせた最低限必要とされる機能を有する医療機器を選択する必要があり、その上でプラスα(メーカー、好み、オプションなど)の要素を検討するのが良いかと思われます。日常診療・検査を効率よく行える最低限必要とされるスペックを有する機種となります。具体的には.....

MRIの買い換え  CT

撮像時間、検査件数や保険点数の問題などより低磁場MRIから高磁場MRIへの変更を検討されている脳神経外科クリニックさまからのご相談。機種変更により増加が見込まれる検査数と変更諸費用を昇華させるために必要な検査数のバランスの検討が必要です。また、機種変更後に目標検査数(一日)に達しない場合の検査数アップの方法などのご相談を承りました。専門以外の領域の検査も積極的に行う事も重要となります。その際に遠隔画像診断による読影サービスを利用するのも一つの方法です。その他の方法として.....

MRI CTの備品  MRI

MRIの場合、撮像に必要なコイル、システムその他付属品はどの程度必要となるのでしょうか?日常診療においてどの程度まで踏み込んだ診療を行うかによります。診断から治療まで一貫して総合的にケアを行うのかあるいは、スクリーニング的な意味合いが強い診療形態であるのかにより異なります。また、撮像用のコイルや付属品といっても決して安価なものではありません。各医療施設さまのご判断や方針にもよりますが、滅多に行わない検査のためにこれらを購入する意味はあるのでしょうか?検査機器は、病気を診断するために必要なツールであり、まずは、確実に診断が行える事が前提となります。
CT・MRI 医療機器の選定 評価のご相談方法
医師 お問い合わせ
電話でのお問い合わせはお受けいたしておりません。
E-mailでのお問い合わせのみとなります。
ご了承下さい。
E-mailでのご相談・お問い合わせは無料です。
コンサルテーションなど有料サービスもございます。
詳しくはE-mailにてお問い合わせ下さい。



 システムの都合上、資料請求のボタンを押してからご相談内容をご入力下さい

高度管理医療機器等販売業 許可番号 第240041号

トップへもどる


遠隔画像診断 SEM medical solution 遠隔画像診断 home会社概要個人情報保護方針お問い合わせ